So-net無料ブログ作成
検索選択

12月の英語の勉強/ますますサボり気味… [生活]

12月も楽しいことがたくさんあって、なかなか「らじるらじる」を聞く時間がなくって。。

en_2015_12.jpg

12月は英語圏ではクリスマスシーズンなので、その手の例文が多かったですね。

基礎英語1では「I wish you a Merry Christmas!」など、すでにクリスマスソングやCMなどでお馴染みの単語や文ばかりなので楽勝〜♪ やっぱり、先に音で何度も聞いているとインプットされやすい。最近ハマっている[Alexandros]の「Girl A」の冒頭の歌詞、「Nobody knows about the 彼女の表情は微動だにせず」を書いてある通りに「ノーバディ ノウズ アバウト ザ、カノジョの〜」と歌おうとすると全くメロディにのせて歌えない。「ノーバディノーザッバー カノジョの〜」とすごいリダクションなんですよね〜。文章と耳と両方で勉強しないといけませんね。

基礎英語2ではエコ7(宇宙ステーション)のクリスマス。エコ7ではクリスマスバーベキューをする習慣がある、とか。Christmas is from the Earth, but Christmas barbecues started on Eco Seven. というおハナシ。あと、Rah-rahが失敗ばかりで可哀想。

26日になると、日本ではクリスマスの飾りをさっぱりと片付けて、街は「迎春」のお正月飾りになってしまうけど、クリスチャンのお家ではどうなのかしら?と聞いてみると、1月6日までがクリスマスだと聞いて、へえ〜って思ってたら、ラジオ英会話のクリスマスソングでは、6日まで毎日プレゼントを渡す歌「The Twelve Days of Christmas」を歌って面白かった。英語版数え歌な感じ。
通常レッスンのダイアローグは、クリスマスツリー農場や、スクルージへのインタビューなど。スクルージのフルネームは「Ebenezer Scrooge」だって。「A Christmas Carol」って小学校の頃に読んだから細部はほぼ忘れてるし。

実践ビジネス英語はちゃんと聞いたのは第一週の「The Elevator Pitch」のみ。エレベーターに乗るくらいの短い時間の簡潔なセールスプレゼンテーションのこと。イギリスではエレベーターではなくて「lift」だそう。二つ目のビニエットは「Sweatworking」で、携帯電話をロッカーに入れて、ジムで運動しながらビジネスのネットワークを広げるハナシ。マンハッタンでは、早朝workoutの後に、smoothieを飲みながら談笑するらしいっすよ。キモチワルイですねww

1月はもうちょっと頑張ります〜
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。